« 『十津川警部 湘南アイデンティティ』 | トップページ | 『不都合な真実』 »

2007年2月15日 (木)

《国生!》

店長「しかし不思議なのはバレンタインといえば国生だよね、ずっと」

僕「確かに『バレンタインデイ・キッス』以外に曲無いですね」

店長「国生の1人勝ち。つかバレンタインにこれ流れないと落ち着かん」

僕「どこのワイドショーもバラエティも、出囃子かってくらい」

店長「出囃子って(笑)面白いコだな」

僕「でもホント、ここは狙い目だけど、なぜか誰もやりませんね」

店長「クリスマスとか卒業とかは、やたらあるのに」

僕「『桜』もね・・・やはり秋元康は侮れませんね」

ホワイト・バレンタイン Book ホワイト・バレンタイン

著者:イ ウンギョン,高橋 千秋
販売元:竹書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気ブログランキング【ブログの殿堂】←上のは適当に選んで貼ってしまいましたが、よく考えると2月のことなのか3月のことなのかハッキリしない・・・リンゴ置いてあるし。

|

« 『十津川警部 湘南アイデンティティ』 | トップページ | 『不都合な真実』 »

コメント

惜しい。実に惜しい。
恵方巻というイベントに合わせて、彼は「セイセイセイ、 エフォー! オッケ~」とシャウトできるような恵方ソングを作ってもらえばよかったのだ。おそらく毎年聴けただろうに。

投稿: 150 | 2007年2月16日 (金) 00時55分

>150さん

また「恵方巻」とは渋いところを持ってきますね。
「セイセイセイ、エフォー!」ってのは面白い(笑)

でもヒットはしないなぁ、多分・・・

投稿: ぶか~ん | 2007年2月16日 (金) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『十津川警部 湘南アイデンティティ』 | トップページ | 『不都合な真実』 »