« 『JJ (ジェィジェィ) 2006年 11月号』 | トップページ | 《女子柔道部物語(妄想)》 »

2006年9月25日 (月)

「八月のクリスマス」

八月のクリスマス DVD 八月のクリスマス

販売元:キングレコード
発売日:2005/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1998年(韓国)99分                                         監督/ホ・ジノ 脚本/オ・スンウク/シン・ドンファン/ホ・ジノ               CAST/ハン・ソッキュ/シム・ウナ/シン・グ

ゾンビ物が続いてしまっていたので、たまにはノーマルな映画も・・・

半袖が「ちょっと寒いかな」と思えるような季節になると共に見たくなる映画の1つ。恥ずかしながら、私の「センチメンタル・ローテーション」エース格(笑)。今日もビデオ屋の棚でシム・ウナの寂しげな横顔見たら、思わず手が伸びてしまった・・・もう借りるの何回目か分からん。

天気のいい昼下がりに、路線バスに乗って外の景色を眺める。客席もまばら。のんびりした気分で、落ち込むでもなく、穏やかな気分で物思いに耽る・・・この映画は、例えるなら、こういう気分にさせてくれる稀有な存在(劇中にも、こういうシーンがあって印象に残る)。

若い時に見たら多分「いい映画だったな」で感想終わりだったかもしれない。これは本来、35歳過ぎた男子が見るべき映画である。じゃないと、シム・ウナ演じる婦人警官に向ける主人公の目線が理解出来ないと思う。もうね、あんな若くて可憐なコがいたら、オジサンは笑うしかリアクション出来ないんだよ!・・・そこいら辺が素晴らしく上手に描かれていて、私の同世代は見ながら胸を掻きムシること受け合い(笑)。

私にとって、泣きたい時に見る映画じゃない。恋愛だけの作品ともチョット違う。主人公は病気で余命いくばくも無いんだが、それを知って集まった友人たちとのやり取りとか、雨の夜、ぼんやり外を見ながらタバコを吸ったりとか、そういったシーンが胸に突き刺さる。

とにかく、韓流嫌いな人でも、これは見て損はない。あえてオジサン世代にお勧めしたい一本。

※ 今回は☆はやめておきます。つうか思い入れ有り過ぎて・・・

人気ブログランキング【ブログの殿堂】←追記ながら、音楽も素晴らしい・・・で当ブログの順位は?

|

« 『JJ (ジェィジェィ) 2006年 11月号』 | トップページ | 《女子柔道部物語(妄想)》 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。