« 『セーラー服と機関銃』 | トップページ | 《た---立花彩野》 »

2006年9月20日 (水)

『ハチミツとクローバー 10 』

僕「これは店長自腹買い銘柄の一つでしたが、終わっちゃいましたね」

店長「正直、9巻読んで辛くなっちゃった。だから、やっと今日読んだ

僕「あっ、既にハチクロの世界に入り込んでる?」

店長「でもね、10巻読んで分かったけど、9巻はあれで良かった」

僕「ラストが生きた、と?」

店長「最後の竹本んとこなんて、電車の中じゃなかったら泣いてたね」

僕「でもスパッと10冊で終えて・・・潔いというか」

店長「だね。いくらでも引き伸ばせる話だもん。登場人物も多いし」

僕「コミック担当者としては続いて欲しかったでしょうね」

店長「個人的には真山のその後が凄く気になる・・・続編希望」

僕「続編はナイでしょう。アナザーストーリー的にはあるかも・・・」

ハチミツとクローバー 10 (10) Book ハチミツとクローバー 10 (10)

著者:羽海野 チカ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気ブログランキング【ブログの殿堂】←当ブログのランキングはココから見れます。

|

« 『セーラー服と機関銃』 | トップページ | 《た---立花彩野》 »

コメント

僕は山田さんが好きでした。

投稿: バックス | 2006年9月20日 (水) 00時16分

>バックスさん

同志! 私も山田が好きでした。
美脚・美乳。。。

投稿: ぶか~ん | 2006年9月20日 (水) 00時31分

私も山田が好きです
森田VS山田が楽しみでした

投稿: suttubo | 2006年9月20日 (水) 00時38分

>suttuboさん

かかと落としとか名場面が蘇る・・・

ホントは続いて欲しいマンガですね。。。

投稿: ぶか~ん | 2006年9月20日 (水) 00時43分

この記事へのコメントは終了しました。

« 『セーラー服と機関銃』 | トップページ | 《た---立花彩野》 »