« 《傷口》 | トップページ | 《結婚できない男》 »

2006年8月16日 (水)

『オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史』

僕「しかしアメリカのオタク事情も凄いことになってるんですね」

店長「コレ読むと、アメリカ人が好きになる、少なくとも載ってる人たちは」

僕「現在サブカル平台の一等地に積み、さらに大量の追加も出してる・・・」

店長「やっぱ気に入った本は力技でも売りたいじゃないの」

僕「しかし、ファースト・ガンダムは受け入れられてないんですね、米では」

店長「それよりもウルトラ・セブンのアイスラッガーのシーンが全カットって」

僕「アメリカは自由な国だと思ってましたが、子供向けの規制はキツイ

店長「まして吹き替えがコメディー(笑)セブンファンとしては涙・・・」

僕「今回は本ではなく、アメリカの放送コードにダメだし?」

オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史 Book オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史

著者:パトリック・マシアス
販売元:太田出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブログランキング【ブログの殿堂】 ああ今日こそは真面目に推薦するはずが・・・でも、この本は家に置いておきたい本なのは事実。そんな当ブログの順位は?

|

« 《傷口》 | トップページ | 《結婚できない男》 »

コメント

お盆に一気読みしました。
もうすぐ、米でジャパニメーションの
排斥がおこるのも時間の問題。

投稿: バックス | 2006年8月16日 (水) 18時48分

>バックスさん

排斥されてもOTAKUはしぶといから大丈夫かと。

読んでて米OTAKUに
激しいシンパシー感じました。

投稿: ぶか~ん | 2006年8月16日 (水) 21時32分

この記事へのコメントは終了しました。

« 《傷口》 | トップページ | 《結婚できない男》 »