« 《無人列車8.5キロ走行》 | トップページ | 《高校野球決勝》 »

2006年8月21日 (月)

『新庄の信条―バカカッコいい男の真実』

僕「何か表紙の写真が、球団に無許可だったらしくて揉めてますが」

店長「そのこと一つで、大して取材もしないで出しちゃったことがバレバレ」

僕「球団・新庄選手と、確認の中で出されたもんだと思ってましたが」

店長「恐らく「批判的じゃなければ大目に見てくれる」っていう甘え?」

僕「初版の1万部ってのも、ちょっと甘い気がしますね(笑)」

店長「考えがね(笑)どの道言いたかっただけなんじゃないの、ダジャレが」

僕「新庄の信条を?でもこれが差し止めなんてことになると笑ってられない」

店長「ホントだね。責任者の心情は複雑だろうね・・・」

僕「サラリとダジャレ入れたみたいですけど、つっ込みませんよ・・・」

新庄の信条―バカカッコいい男の真実 Book 新庄の信条―バカカッコいい男の真実

著者:宮崎 満教,新庄剛志特別取材班
販売元:東邦出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブログランキング【ブログの殿堂】 同じ日に日ハム小笠原の本が出たのは偶然?・・・当ブログの順位は?

|

« 《無人列車8.5キロ走行》 | トップページ | 《高校野球決勝》 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。