« 『オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える』 | トップページ | 『癒しの禅語』 »

2006年6月29日 (木)

《ゲーム脳店長---パート2》

店長「昨日も4時までやってたんで、眠いこと眠いこと・・・」

僕「ホントにのめり込むタイプですよね」

店長「俺のPSPなんてアナログパッド取れちゃってるから」

僕「買いましょうよ、それぐらい」

店長「売ってないんだよ、店で。だから親指が痛くて痛くて

僕「それでもやるんですね・・・」

店長「氷で冷やしながら、それでも必死の形相で」

僕「アホだ・・・理解できない」

店長「何となく、爪傷めた俊輔の気持ちが分かったよ」

僕「とにかく、早く寝て、早くに来てください」

ブログランキング【ブログの殿堂】 RPGの剣士キャラは必ず「ガッツ」と名付ける・・・そんな当ブログの順位は?

|

« 『オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える』 | トップページ | 『癒しの禅語』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。