« 《学校行事》 | トップページ | 《女性誌作文》 »

2006年5月24日 (水)

『ViVi (ヴィヴィ) 2006年 07月号』

僕「(メモ帳見ながら)倖田來未が表紙ってのはViVI初です」

店長「そこまで記録してるんだ。いい仕事っぷりだ」

僕「ここ最近特集は組まれてましたけど、とうとうピンで表紙に」

店長「ViVIと言えばアユってイメージだったけどね」

僕「デジデジ日記は続いてます。でも倖田の侵食ぶりが凄まじい」

店長「くぅちゃんがアユ喰っちゃってるんだ。南国行ってる間に(笑)

僕「ホント。呑気にアフロのヅラかぶってる場合じゃない(笑)」

店長「はっきり言って、今勢いでいうとくぅちゃんが上でしょ?」

僕「この台詞「ぶっちゃけ、メイクでどうにでもなるんですよ!」って」

店長「うわ~やられた! もう断然倖田ビイキになるってもんだ!」

僕「ホントは他の女性誌も絡めて話すつもりが・・・明日もか?」

ViVi (ヴィヴィ) 2006年 07月号 [雑誌] Book ViVi (ヴィヴィ) 2006年 07月号 [雑誌]

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 《学校行事》 | トップページ | 《女性誌作文》 »

コメント

コメントありがとうございました!

小学校の卒業文集に「大きくなったら本屋さんになりたい。立ち読みしても怒られないから」と書いたのはワタクシです(笑)。

今は事務所に本が大量にあり、ある意味「本屋さん」になる夢がかないました。

ビジネス書中心ですが、これからもよろしくお願いします。

投稿: smooth@マインドマップでビジネス書評 | 2006年5月24日 (水) 06時47分

いえいえ、こちらこそ。

これからもよろしくお願いします。

すごく下調べをされて書かれているブログですね。
見習わないと・・・

投稿: ぶか~ん | 2006年5月24日 (水) 23時43分

この記事へのコメントは終了しました。

« 《学校行事》 | トップページ | 《女性誌作文》 »