« 《バースト・ゾーン―爆裂地区》 | トップページ | 《日焼け》 »

2006年5月 2日 (火)

『バスルームより愛を込めて』

僕「これ、配本無かったのをわざわざ取り直したんですか?」

店長「英知とバスルーム! これ取らずして何取らんや!」

僕「しかし、英知出版とかバウハウスとか・・・ホント好きですよね」

店長「俺、建築書も担当してるけど、こっちをまず思い浮かべるもん」

僕「ソファに座ってる英知バウ子とか?

店長「・・・エロ雑誌の担当、もう10年以上やってるだろ」

僕「ボケ無視かよ! 英知バウ子はツッ込んで欲しいとこ・・・」

店長「最初の頃は、ほら、やっぱ恥ずかしいじゃん、真剣にやるの」

僕「エロ雑誌は真剣にやるジャンルですかね?」

店長「でもある日ね、自分で読みたいのも置いてないのはオカシイと」

僕「こういう話は逆に真面目に語りますよね」

店長「もういい、俺の性癖を表現しよう、この一角に

僕「また大層な・・・」

店長「こっからこの写真集のとこまで、俺のチ○ポそのものじゃ!

僕「・・・・・」

店長「ちょっと、左曲がりですけどね」

僕「うわー、バリバリの下ネタ、GWなのに・・・

バスルームより愛を込めて Book バスルームより愛を込めて

販売元:英知出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 《バースト・ゾーン―爆裂地区》 | トップページ | 《日焼け》 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。