« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

『近代映画 80's アイドルデビュー伝説 Vol.1 1980~1982年』

僕「昨日は結局出来ませんでしたが、今日こそ業務日誌を---」

店長「そうだね、たまにはSEO対策無しでノビノビと」

僕「・・・そんなもん、元々やってませんけど」

店長「そう? じゃあ、アフェリエイトで稼ごうって気持ちは忘れて」

僕「3ヶ月やってますけど、未だ売り上げゼロですよ」

店長「・・・・・」

僕「・・・・・」

店長「ダメ出しといて、アフェリエイトって・・・ないよな

僕「ですよね。むしろここから買いに行く人は太っ腹過ぎです」

店長「この本は真逆で、ケツの穴が小さ過ぎ!

僕「意外だな。熱心に昼休み読んでたのに」

店長「貴重な記事は盛りだくさん。明菜の写真なんか涙モノ」

僕「真剣に買うか迷ってたじゃないですか。どこがダメ?」

店長「スキャナー具合がみみっちいのよ。折れ曲がんないようにさ」

僕「ホントだ。微妙にゆがんでますね。素人っぽいなぁ」

店長「出版するなら、ぐっと押し付けてスキャンせんかっちゅうの!」

僕「ダメなのはそこか・・・あっまた業務日誌がやれてない・・・・・」

近代映画 80's アイドルデビュー伝説 Vol.1 1980〜1982年 Book 近代映画 80's アイドルデビュー伝説 Vol.1 1980〜1982年

販売元:近代映画社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

2006年4月29日 (土)

『安達友里写真集Myself』

僕「さあ、G.W特別企画といきますか」

店長「やあ、ビックリしたね安達祐美ママヘアヌード

僕「えっ? この期間は書店の日常業務を語るんじゃ?」

店長「これをさ、G.W前に出す意味が分からん。渋滞の合間に見る?

僕「見ないでしょ(笑)。てゆうか、これは意外に難しいから止めるって」

店長「オチがベタになるからね。「あま~い!」がまず一つ」

僕「あとは「具が多~い」か、どっちかですもんね」

店長「繰り返すけど、これを買って始まるG.Wって・・・やだね」

僕「同じバウハウスでも、叶美香ならシャレになりますけど」

店長「こっちはシャレにならんからね。そんなに熟女好きなのかって」

僕「いや、別に熟女好きだからじゃないと・・・・・」

Book 安達友里写真集Myself

販売元:バウハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年4月28日 (金)

『小泉今日子の半径100m』

僕「ビミョーに新刊でもないですけど、今日はこれ」

店長「亀梨クンとの熱愛発覚! 旬のテーマはやらない手はない」

僕「しかし年齢差20ですよ」

店長「俺、キョンキョンと同い年だけどさ。素直に凄いわコイズミさん」

僕「店長と二十歳のバイトだと・・・親子みたいですもんね」

店長「そうそうって、そこまで言うか? まあ付き合えないけども」

僕「男がうーんと年上ってのは、割とありますが、これは珍しいですね」

店長「思い出す限り、ペタジーニ以来

僕「ホントですね・・・あとは森と東山?

小泉今日子の半径100m Book 小泉今日子の半径100m

著者:小泉 今日子
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (7)

2006年4月27日 (木)

『Tokyo Real』

僕「集英社からケータイ小説! また大切な何かを失ったような

店長「Yoshiかと思ったらRYUだってよ・・・確信犯?

僕「装丁は洒落てるし配本も結構あるし、力入ってますよね」

店長「この手の本見て感じる嫌悪感は、何なんだろう?」

僕「何なんでしょうね・・・」

店長「音楽業界で言うと、いい音楽作ろうと下積み頑張ってる人がさ」

僕「いますよね。バイトしながら路上で弾き語り、みたいな」

店長「音楽勉強もしないで、若くて可愛いってだけのアイドルがポンと

僕「歌下手なのにランキングの上位に、みたいな」

店長「あれに近いね。純文学とか本気で頑張ってる人のこと考えると」

僕「これにヒトマタギに超えられちゃうと、今までの俺は一体何?」

店長「こっちも商売だから売るけども・・・あ~今日は暴言吐くよ!

僕「うわっ、何ですか、恐いな」

店長「こんなもんで感動する奴は、感性が未完成!

僕「・・・まあ、暴言というよりはダジャレ?

Tokyo Real Book Tokyo Real

著者:RYU
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年4月26日 (水)

『明日へ』

僕「石田純一が30冊入ったのに比べると、これは配本少なかった」

店長「同じ幻冬舎で、随分と刷部数違うもんだね。差がよく分からん」

僕「正直売れ行きはどうなんです?」

店長「ビールケースに乗っかった時点で、火が付くなと思ったんだけど」

僕「付かない付かない! ちっちゃい記事ですよ、サイン会でしょ?」

店長「でもタイトル的には、森さんオイシイと思ってるよ、絶対」

僕「何を根拠にまた」

店長「今日発売の『明日へ』とか、おととい発売の『明日へ』ってなるし」

僕「まあ、微妙にボケられますけど、そういうキャラじゃないでしょ?」

店長「つかみの「離婚したけど、また森なんですけどね」と合わせて」

僕「絶対そんなつかみはしてない! 芸人かよ!

明日へ Book 明日へ

著者:森 昌子
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年4月25日 (火)

『バレエ漬け』

僕「これを選んだのは娘さんがバレエ始めたからですか?」

店長「もう可愛い。風呂上りに、またレオタード着て柔軟やるのよ」

僕「微笑ましいエピソードです・・・って、そういうブログじゃないでしょ」

店長「ゴメン。草刈民代は『Shall we ダンス?』から語ってこうか」

僕「そうですね、正直、演技が下手だなと思いましたね」

店長「でも、それこそ『バレエ漬け』の人だったからね。でも下手(笑)

僕「そこは認めちゃうんですね。けどあの映画大好きじゃないですか」

店長「何回も見てると不思議と違和感無くなる。こういう先生なんだって」

僕「まあ、いそうですよね、ああいう御堅いバレエの先生」

店長「役所はあの堅さに惹かれたわけよ。奥さんが柔らか過ぎるもん」

僕「原日出子! 確かに柔らかい・・・」

店長「つまり、男の浮気は奥さんと正反対のタイプに行きやすい、と」

僕「確かに・・・って、何かみのもんたみたいな終わり方・・・・・」

バレエ漬け Book バレエ漬け

著者:草刈 民代
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3)

2006年4月24日 (月)

『CanCam 増刊 エビちゃんシアタースペシャル版 』

僕「旬の今しか出せない内容です。個人的にはあんまり・・・」

店長「俺は好きだな。モデルから女優へって野心も少なそうだし」

僕「出てはいますけどモデル役ですもんね」

店長「マジで女優へって色気が見えてくると、途端に嫌になるね」

僕「暗に誰かを批判したいんですか?」

店長「山田優とか好きなんだけど、『里見八犬伝』はないだろ」

僕「確かに時代劇はキツかった! あれだけ背が高いと」

店長「顔もね、昔にあんなはっきりした顔立ちの日本人はいないよ」

僕「異国の人に間違えられますよね」

店長「逆にSHIHOには、一回でいいから女優やってもらいたい」

僕「あのキャラで、何役ですか?」

店長「決まってるだろ? SHIHOは「SHIHO役」しか出来ない!

僕「・・・それは遠まわしに、女優は無理ってことですね」

CanCam 増刊 エビちゃんシアタースペシャル版 2006年 06月号 [雑誌] Book CanCam 増刊 エビちゃんシアタースペシャル版 2006年 06月号 [雑誌]

販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

2006年4月22日 (土)

『本気で言いたいことがある』

僕「新書とさだまさし。この単語、並べると違和感ありますね」

店長「タイトルが、やや『関白宣言』に掛かってるね」

僕「でも中身は意外に真面目ですね。固いっていうか」

店長「『アメリカに関白宣言!』とかにすればインパクトあったのに」

僕「それはどうですかね。まあ『国家の品格』もバカ売れですから」

店長「藤原サンにはかなわないよ。内容も、髪型の面白さも

僕「また、アンタッチャブルなところに触れてくるなぁ・・・」

本気で言いたいことがある Book 本気で言いたいことがある

著者:さだ まさし
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

国家の品格 Book 国家の品格

著者:藤原 正彦
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年4月21日 (金)

『しょこたん☆ぶろぐ&ノンノ表紙深キョン』

僕「昨日持って帰った深キョンのポスター、貼ったんですか?」

店長「うん、天井に・・・って何言わせるんだよ! まだ貼ってないけど」

僕「ノンノの表紙、可愛いのは分かりますけど、持って帰らんでも」

店長「カワユス・・・今までの深キョンの写真で、一番カワユス」

僕「その「カワユス」もどうかと。しょこたんの影響でしょ?」

店長「同じブログ人として、あんだけ更新されたらリスペクトするよ」

僕「でも自分か猫の写真ばっかりじゃないですか」

店長「それでもユルス。完全に趣味なのが読んでて気持ちいいね」

僕「まあ、芸能人ブログは宣伝ぽいのも多いですから」

店長「名波はるかとかね」

僕「コラコラっ! 名指しはしない。マメに更新してるじゃないですか」

店長「加藤ローサのなんて、まだ「あけましておめでとう」だからね」

僕「忙しいからユルス!・・・僕『ゼクシィ』からのファンなんで・・・・・」

しょこたん☆ぶろぐ Book しょこたん☆ぶろぐ

著者:中川 翔子
販売元:ゴマブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

深田恭子meets天使―映画『天使』Photo Making Book Book 深田恭子meets天使―映画『天使』Photo Making Book

著者:深田 恭子
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

2006年4月20日 (木)

『ピーコ語録』

僕「さっきサクッと読んでみましたけど、結構面白い」

店長「俺は「オカマはシャワーキャップはしません」てのが好き」

僕「笑いましたね。「オカマは生まれた時から野党」ってのもイイです」

店長「でも、個人的には第一章でお腹いっぱい。後はね~」

僕「何か人生相談っぽくなっちゃうのが惜しい!」

店長「他のオカマ批判とか読みたかったね。日出郎とか

僕「またキワモノ選びますね。普通はKABAちゃんとか・・・」

ピーコ語録 Book ピーコ語録

著者:ピーコ
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

2006年4月19日 (水)

『ギャル革命』

僕「さあ、コギャル大好き店長、出番です」

店長「どんな店長だよ! 大体『ギャルサー』見れなかったし」

僕「それが大好きってこと! 残念でしたね録画出来なくて」

店長「そう、たまたま夜釣りに行っちゃってたからね」

僕「奥さんに電話して「ギャルサー録画頼む」って、勇気ありますね」

店長「9時過ぎに掛かってきて「録画出来ないわよ」って怒られたよ」

僕「一緒にレストランにいましたけど、正直恥ずかしかった・・・」

店長「裏の『マトリックス・リローデット』予約してたんだよね、自分で」

僕「そんなことよりギャル社長、藤田さんのこの本は?」

店長「見かけと違って、しっかりした女性だと思います」

僕「何でそんな優等生発言なんですか?」

店長「だから、コギャル大好き店長だからだよ!

僕「潔い! でも渋谷で『ギャルサー』の宣伝する位に無意味です」

ギャル革命 Book ギャル革命

著者:藤田 志穂
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4)

2006年4月18日 (火)

『山上兄弟写真集 てじなーにゃ』

僕「また、隙だらけの本が出ました」

店長「もう、これ書かずして何を書くという感じだね」

僕「コスプレ・女装そして入浴シーン! 手品のことはほんの少し」

店長「その前にキミは、これをどこに並べる気だった?」

僕「まあ、無難に児童書の横ですかね」

店長「正解だけど、児童書ではないと認識して並べないとな」

僕「ん、と言いますと?」

店長「これは子供は買わん! 買うのはお婆ちゃん!

僕「だっ断言! まあ2000円もしますもんね」

店長「バーチャルな可愛い孫として、山上兄弟を買い占めたい!

僕「そんな生々しいお婆ちゃんは・・・なんかヤです

山上兄弟写真集 てじな~にゃ Book 山上兄弟写真集 てじな~にゃ

著者:エンタテインメント書籍編集部
販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

2006年4月17日 (月)

『転職の女王が大公開!不滅のハローワーク』

僕「転職の女王ってのは凄いんだか凄くないんだか」

店長「これが本になったこと自体が、まず凄いね」

僕「バリバリのキャリアコースかと思いきや、中見ると---」

店長「裏キャリアコースまっしぐら! バイトみたいなのが大体だ」

僕「キャディが長くて10年。21年で51回の転職と言いつつ実際は」

店長「10年で50回の転職! よっぽど飽きっぽい人なんだね」

僕「でもイラストも面白いし、サブカル本としては楽しめます」

店長「工場1日で辞めたり、6歳もサバ読んでお水に入ったり」

僕「はっきり言えばダメ人間です」

店長「そのダメ人間に転職を学ぶ→いっぱい転職→就職情報誌買う」

僕「最終的にリクルートが儲かる・・・ってそんな図式なんですか?」

転職の女王が大公開!不滅のハローワーク Book 転職の女王が大公開!不滅のハローワーク

著者:八汐田 藍
販売元:教育評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年4月15日 (土)

『さかなクン ♪鳥くん 琉球サンゴくんの地球の環(わ)!!』

僕「わざわざ、これ選ばなくても・・・」

店長「急にさかなクンのこと思い出しちゃって」

僕「わがまま過ぎですよ! 大体これ去年の本ですよ」

店長「いいじゃん別に。ウチには入荷すらしてないけどね

僕「またサラッと! ダメだしちゃいけないですよ!」

店長「だってさかなクンには出さないよ。鳥くんにだもん

僕「そういう問題じゃ・・・まあ確かに鳥くんはナイですけど」

店長「まして琉球サンゴくんなんて大枠じゃなくて単品だよ」

僕「単品じゃなくて単体!」

店長「そもそもサンゴくん、被り物もない。やる気ゼロだね」

僕「このテーマ、僕もやる気ゼロですよ・・・」

店長「思い出した訳がわかった。中田市長の新刊見たからだ」

僕「そこか・・・」

環境省・環のくらし応援団 さかなクン、♪鳥くん、琉球サンゴくんの地球の環!! Book 環境省・環のくらし応援団 さかなクン、♪鳥くん、琉球サンゴくんの地球の環!!

著者:さかなクン,鳥くん,琉球サンゴくん
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book 中田主義──僕の見方、考え方

著者:中田 宏
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2006年4月14日 (金)

『田中宥久子 美の法則』

僕「佐伯チズのライバル、切り込んできましたね」

店長「ゴメンね、担当じゃないジャンルは反応薄いけどイイ?

僕「頑張ってくださいよ。7年前の顔になっちゃうんですよ」

店長「男はそういうの気にしないからね。髪なら戻りたいけど」

僕「今ぐらい薄かったじゃないですか、7年前も

店長「まあね・・・って結構はっきり言ってくれるね」

僕「それはさておき、まだまだ佐伯との知名度に差はありますが」

店長「あれ出てたもんな、日曜のタッタララ~ターラーラー♪って奴」

僕「全く分からないです。もしかして『波乱万丈』ですか?」

店長「それそれ。田中さんは対抗して『情熱大陸』に出るべし!」

僕「また勝手なことを・・・」

田中宥久子 美の法則 Book 田中宥久子 美の法則

著者:田中 宥久子
販売元:WAVE出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

7年前の顔になる田中宥久子の「肌整形」メイク [DVD付] Book 7年前の顔になる田中宥久子の「肌整形」メイク [DVD付]

著者:田中 宥久子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月13日 (木)

『ブスの瞳に恋してる ドラマ化』

僕「今日はパッとしたのがないので、ドラマ化した---」

店長「ちょっと待て。無いなら休もうや」

僕「ここ2ヶ月、日曜祝日以外頑張ってきたじゃないですか」

店長「正直疲れ気味なのよ。毎日毎日箱開けたり棚に差したり」

僕「それが仕事! そういう仕事!

店長「えー『ブス瞳』ね。正直エビちゃん見たさに見たけどさ」

僕「あんまり目立ってませんでしたね」

店長「『スローダンス』の時とモロかぶり。まあ、それは置いといて」

僕「僕はフジらしいチャレンジ精神に溢れてるなと」

店長「ギャグ一辺倒かと思いきや、後半しんみりしたね」

僕「作りはしっかりしてます。森三中、村上熱演!

店長「今頃モリマンは地団駄踏んでるだろうね」

僕「また、いらん水を差しますね・・・」

ブスの瞳に恋してる Book ブスの瞳に恋してる

著者:鈴木 おさむ
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年4月12日 (水)

『死体とご遺体 夫婦湯灌師と4000体の出会い 』

僕「今日はこの本というより、平凡社新書全体にダメを出すと」

店長「もう「レジから激!」みたいにいっちゃうよ!」

僕「はいはい。意気込むと逆に空回りしますから気をつけて」

店長「今月のラインアップ見て、正直どう思った?」

僕「う~ん、確かにどれもメインじゃないですね。二番手って感じ

店長「厳しく言えば全部ザク。しかも旧ザクも混じってる

僕「急にガンダムに例えられても・・・」

店長「光文社とか新潮は、ちゃんと1機グフなりドム入れるもんね」

僕「まあ確かに。「さおだけ」なり「国家の品格」なり、核がありますね」

店長「平凡社だとこれが核になっちゃう。マジメにヤバイですよ」

僕「筑摩も「ウェブ進化論」ていうゲルググクラス出しましたモンね」

店長「平凡社、ここは頑張って一気にギャンクラスを出すべし!」

僕「ギャン・・・大して活躍してないですよ

死体とご遺体 夫婦湯灌師と4000体の出会い Book 死体とご遺体 夫婦湯灌師と4000体の出会い

著者:熊田 紺也
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年4月11日 (火)

『生きざま 死にざま 男のVシリーズ』

僕「奥田瑛二、欽ちゃんときて三國連太郎・・・凄いラインナップ

店長「配本がやたら多いんだよね。頼んだ記憶ないのに」

僕「ダンディズムで欽ちゃんは、意外な人選ですよね」

店長「俺は初っ端奥田瑛二の方が意外だよ。やっぱスーさんでしょ

僕「これだけは積んでましたよね。売り切れてたし」

店長「スーさんは別格だもん。次は西田敏行かな、順当なら」

僕「『釣りバカ』つながりは、ありきたりですよ」

店長「違うよ。昨日から始まった『刑事どん亀』意外とシリアスだよ」

僕「そっちかい!

生きざま 死にざま Book 生きざま 死にざま

著者:三國 連太郎
販売元:ロングセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

2006年4月10日 (月)

『うさ男とねこ男』

僕「最初の4コマはメチャメチャ面白いですよ」

店長「次のキャラ紹介も抜群に面白い。でも、そこまで

僕「そうですね、肝心の本編、ちょっとクドイ気が・・・

店長「出だしに全速力で飛び出し過ぎ。で、足くじいちゃったみたいな」

僕「何か、青梅マラソンとかの、素人ランナーみたいですね」

店長「コマ数半分にして、淡々とボケるみたいな方がイイよなぁ」

僕「最初の「シャボン玉が集まって」みたいな?」

店長「そう。絵も上手いし才能はあると。いい意味でもっと脱力すれば」

僕「ブレイクした『猫村さん』ぐらいに化けると? 猫だけに

店長「えっ、最後何か言った?」

僕「・・・何でもないです」

うさ男とねこ男 Book うさ男とねこ男

著者:まきの ゆうき
販売元:白夜書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

きょうの猫村さん Book きょうの猫村さん

著者:ほし よりこ
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年4月 8日 (土)

『それでも僕は立ち続ける』

僕「みのさん! 出過ぎですよ」

店長「もう立ってなくていいよ! 座って!」

僕「働きすぎ! 腰痛いなら、じっとしてた方が」

店長「中身スカスカなのは、きっと腰痛いから!

僕「またキツイ。そういうことは言わないで!」

店長「今まで言ってた健康法は効かなかった?」

僕「頑張って喋った、いや書いたんだから、もうそっとしときましょう」

店長「『ブスの瞳に恋してる』をずっと立ち読みしてるブスは?」

僕「別な意味で、そっとしときましょう・・・」

Book それでも僕は立ち続ける

著者:みの もんた
販売元:日本テレビ放送網
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブスの瞳に恋してる Book ブスの瞳に恋してる

著者:鈴木 おさむ
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

2006年4月 7日 (金)

『宇宙開発技術者が教えるテクニカル分析で儲ける上昇株発見法』

僕「タイトルからして、ダメオーラが出まくってます」

店長「・・・うん、うん・・・今ねぇ、隣にいらっしゃるんですよ、猫が

僕「オーラつながりで江原さん? 似てないんで分かんなかった!」

店長「猫にツっ込めよ! 投げた猫の方」

僕「もういいです。本について、何かありますか?」

店長「まあ、あっぷるというよりたま出版ぽくなっちゃったね」

僕「宇宙開発技術者と株・・・くっつけると不思議に合いませんね」

店長「むしろタイトル『宇宙波動で株がわかった!』でいいじゃん」

僕「よくないよくない(笑)」

宇宙開発技術者が教えるテクニカル分析で儲ける上昇株発見法 Book 宇宙開発技術者が教えるテクニカル分析で儲ける上昇株発見法

著者:富太郎
販売元:あっぷる出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

2006年4月 6日 (木)

『愛されの法則 キャバイブル』

僕「こういう本はピンと来ないんです、正直」

店長「キャバイブルってタイトルはいいだろ?」

僕「上手いような、ベタなような。ようはキャバクラの話ですよね?」

店長「まだまだだな。中を確認せずして新刊チェックとは言わず!」

僕「じゃ、見ますけど・・・こ、これは、まんま白石さん?

店長「そう、はっきり言ってパクリ! しかも読むと寒い!

僕「読者の質問に著者が気の利いた返しを・・・普通の返しだ

店長「唯一「30歳過ぎても水商売デビュー出来ますか?」って所が」

僕「返しが「できますよ! 歳を4つぐらい誤魔化せば・・・」」

店長「・・・これがパラパラ見たところ、最大に気が利いてる部分

僕「無理に白石さんぽくするから・・・普通で出せば良かったのに」

愛されの法則 キャバイブル Book 愛されの法則 キャバイブル

著者:瀬名 今日子
販売元:イーハトーヴフロンティア
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1)

2006年4月 5日 (水)

『あずみ―戯曲』

僕「暗いし後ろ向きなんで判別つきづらいですが、黒木メイサですね」

店長「このコが18歳ってのが信じられない。26ぐらいかと思ってた」

僕「落ち着いてますもんね。ただ、上戸彩の後は辛いですよね」

店長「あの、小山ゆう独特の泣き顔、上戸彩は上手かったもんな」

僕「そんなシーンは無い! イメージの固まりが強いと言いたいんです」

店長「俺なんか映画「あずみ」はオダギリ・ジョーの「あずみ」って感じ?」

僕「また話の流れ変えちゃって・・・確かに怪演でしたけどね」

店長「俺なんか5回位見てるけど、オダギリ見たさに見てるもん」

僕「・・・映画ばっかりで、肝心な本に関して喋ってないです」

店長「そもそも、これ買うより芝居見に行っちゃった方が早いんじゃない?」

僕「また、身もふたもないことをサラリと・・・」

戯曲 あずみ Book 戯曲 あずみ

著者:岡村 俊一,小山 ゆう
販売元:小学館クリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブログランキング【ブログの殿堂】 『あずみ』を川島和津美にやらせたらと想像しつつ・・・このアホなブログの順位は?

| | コメント (2)

2006年4月 4日 (火)

『なぜ〈トラウマ〉は大切なキーワードなのか』

僕「とりたててダメ出す本とも思えませんが」

店長「出版社見てみな」

僕「コアラブックス! 何でまたここから・・・」

店長「だろ? しかも著者の西田健て人、書いてるジャンルが多彩

僕「小沢健二の謎とか料理の鉄人の謎とか・・・K1も書いてます」

店長「なぜこの本がコアラから出るのか、西田健は何者なのか」

僕「謎だらけの一冊ですね・・・」

店長「同じ日にコアラから『お喋りKinkiKids』とヨン様の暴露本が出てる」

僕「そのラインはきっちり出してくる。この一冊だけ凄い違和感あります」

Book

なぜ「トラウマ」は大切なキーワードなのか―トラウマは弱者に襲いかかってくる Book なぜ「トラウマ」は大切なキーワードなのか―トラウマは弱者に襲いかかってくる

著者:西田 健
販売元:シーエイチシー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年4月 3日 (月)

『Sweet Goddess叶美香写真集』

僕「叶姉妹関連には手を出さない方が。いろいろ噂が・・・」

店長「ヤバイかな。俺たちも裸にされて人間チェスになっちゃうの?」

僕「それはないです! 少なくとも僕たちみたいな貧乏臭いのは」

店長「今回気になるのは、内容じゃなくて値段なのよ」

僕「4200円しますね。DVDは付いてますけど」

店長「個人が出せる金額じゃないだろ?」

僕「個人以外どう買うかが分からないですよ! 領収書って?」

店長「ともかく、オジサンが衝動買いできるのは3000円まで

僕「何統計ですか? どこマーケティングですか?」

店長「レジ持ってって値段言われるだろ。「えっそんなにするの?」

僕「まあ確かにありそうですね」

店長「「ゴメン、ちょっと金下ろしてくる」ってなる。で、レジに放置プレイ

僕「美香さんて、こんな所までMっ気丸出し・・・あっ恭子口調につい!」

Book Sweet Goddess叶美香写真集

販売元:バウハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

2006年4月 1日 (土)

『あいはら友子のゼニ論!』

僕「毒々しい赤にゼニの文字・・・エゲツナイ本ですね」

店長「多分『ナニワ金融道』買う層を狙ったんだろうね」

僕「でも流行の、女の人が写真で載る表紙ですね」

店長「そこは守りに入っちゃったね講談社も」

僕「大手ですから、表紙にあまりバカも出来ないでしょう」

店長「徹底するならジョージ秋山に書かすぐらいな根性見せんかい!」

僕「『銭ゲバ』みたいな? 確かにインパクトは大きいですけど」

店長「この人も忙しい人だね。株だ守護霊だと。画集まで出してるし」

僕「元々は、何やってた人か分からなくなっちゃいましたね」

あいはら友子のゼニ論! Book あいはら友子のゼニ論!

著者:あいはら 友子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前世と守護霊がわかる本―運が開ける宿命論 Book 前世と守護霊がわかる本―運が開ける宿命論

著者:あいはら 友子
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

四季彩富士―あいはら友子画集 Book 四季彩富士―あいはら友子画集

著者:あいはら 友子
販売元:近代映画社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »