« 『愛するスケートに何が起こったのか?―女子フィギュア・トリノ選考の真実』 | トップページ | 『逝きかた上手』 »

2006年3月 2日 (木)

『ジェット・リー』

僕「ペ・ヨンジュンでもクォン・サンウでもなく、今なぜリー?

店長「あえて外すチョイスが激シブ! でも表紙の写真はカッコ悪い・・・

僕「中も凄いですね。特に若い時のが。昔のマッチの髪型ですよ!」

店長「もう全編リー様ラブ!な作りだね。ファン視線だから好感もてるし」

僕「内容は良くても、近代映画社、採算取れてるのか心配です」

店長「大丈夫。昔から鶴太郎の作品集出したり、加山雄三の本出したり」

僕「じゃあ、いわゆるお家芸なんですね・・・」

ジェット・リー Book ジェット・リー

販売元:近代映画社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『愛するスケートに何が起こったのか?―女子フィギュア・トリノ選考の真実』 | トップページ | 『逝きかた上手』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。