« 『理解という名の愛がほしい ---- おとなの小論文教室。II』 | トップページ | 『まっすぐに。』 »

2006年3月14日 (火)

『蘇るPC-8801伝説 永久保存版』

僕「昼休みに熟読してましたね」

店長「買うか迷ってる・・・ん~千五百円ならな~」

僕「そんな分かりやすく体よじらなくても」

店長「だって、ブラック・オニキスだよ、俺が一番やりこんだRPG」

僕「そう言われても。マリオとか普通にやったぐらいだから」

店長「あ~この温度差は何? こんなに面白いゲームはないよ」

僕「写真見る限りじゃ、ショボいゲームにしか見えないです」

店長「あとは想像で補うんだよ! ・・・方眼紙でマップ作ったなぁ」

僕「遠い目し出しちゃったな、また」

店長「やりこんだけど子供だったし攻略本もないから、まだ未クリア

僕「エッ? それって単に下手なんじゃ・・・」

店長「よくやったのが新人を連れてくの、いきなり地下五階まで

僕「何のことやら・・・」

店長「地下でスカウトした新人にキツイ洗礼! しかも貧弱な装備で!」

僕「単なる新人いじめじゃないですか」

店長「上京したてのボンボンをいきなり歌舞伎町に連れてくみたいな」

僕「その頃から既にドSだったんですね・・・」 

蘇るPC-8801伝説 永久保存版 Book 蘇るPC-8801伝説 永久保存版

販売元:アスキー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『理解という名の愛がほしい ---- おとなの小論文教室。II』 | トップページ | 『まっすぐに。』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。